読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ny2017のブログ

ちゅっちゅぽっぽ❤️

2017/2/23

友達のカップルが来た。僕の前ではいちゃいちゃしていなかった。なぜだ。アラジンとか、on your feet みて楽しかった。エンパイアーステートビルからの景色もとっても綺麗だった。ハンバーガーおいしかった。

 

ラボの主任研究者(principal investigator : PI)が、ラボのメンバー全員から批判されていていて、しかも彼の言動が原因で去って行った人もいる。アメリカでPIにまでなる人は相当極めてるから変わってる人が多いだろうとは思ってたけど、ほんとうにそうなんだって感じ。

 

完成された組織を見るのも勉強になるけど、そうでないところを見るのも勉強になる。

 

ポスドクの一人は能力が高いのに、前のラボでも今のラボでも上司が良くないせいで実力が発揮できてない。前のラボは実績は確かにあるけど、途中から変な方向に進んでいってる。引退までは自説が覆らないように、PIが不正に不正を塗り重ねてると思われる状態。悪いとはわかっていても、そこを通過しなければ次がないような状態に立たされると、世界的な研究者でも不正をするらしい。大学院生とか、上には逆らえないような状況になったらなおさらやらざるを得ない立場に追い込まれてしまうのだろう。そういう状況に愛想をつかしてやめてしまった。

そして、今のラボではせっかくいいアイデアがあるのにPIのせいでしたい方向に研究が進められていない。世の中に出ると理不尽なことが多いって聞くけど、まさにそう言う状態。

 

あと、やたら聞こえのいいこと、意識が高いことを言う人は警戒した方がいいと思った。「この2ヶ月は君の人生を変える2ヶ月だ、自分がどうなりたいか日々考えなさい。」、ってPIに言われてすごい意識の高い人だなって思ったけど、よくよく他の人から話を聞いていると先生は全然ラボに来てないらしい。週に1回しか出勤しない時期もあったらしくて、他の時期も毎日3時間勤務くらいでなんか変。これくらいの規模のラボならPI自身が実験をするのが普通なはずだけど、自分では全然実験してない。周囲がその人をどう評価してるかはちゃんと聞いた方がいい。

ただ、何から何まで言っていることが変だとは全く思わない。ふむふむって思うこともたくさんあった。例えば、↓とか。

自分が当たり前と思っているところにしか行けない。当たり前と思う水準を高く持て。

自分が本当にしたいことをできているのか、日々自問しろ。

君がここに来る確率がどれくらいのものか考えてみろ。色々なことが重ならないと無理だったわけで、ほとんど奇跡みたいなもんでしょ。それに感謝して、しっかり頑張らないといけない。

 

実験自体は本当に楽しい。やってることは単純だけど。手を動かして新しく何かを習得していくのが好きなんだと思う。そういう意味では意外と外科にも向いていたりするのかもしれない。医者をずっと続けていくなら博士課程に行くことになるけど、その期間はしっかり研究ができるところに行きたいと思った。

 

どの領域がいいのかはまだわからないけど、どういう環境に身を置くかは本当に大事だと思う。好きか嫌いかっていうのも大事だけど、他の要素も考えないといけない。まずは上司。研究不正にからんでたり、色々悪い噂が立っているような人の下では働かない方がいい。あとは同期。やっぱり、いいとされるところには優秀な人が集まってる可能性が高い。当たり前とされる基準が場所によって違うわけだけど、他の場所では何が当然とされているのか、っていう点に気づくのはなかなか難しい。

 

・最初の1,2年が医者としての人生を決めるって言ってもいいから、本当に大事。

・長期的な目標なんてわかいうちに持ちようがないから、その時々で面白いと思うことをやってそのうち見えて来るのを待ってればいいんじゃん?

 

特に下の方にはわりと強く同意って感じ?今まで長期的な目標なんて無かったし、あっても数年単位でしか設定してなかったし。設定しようとしても無理だったし。

それに、絶対ないだろうって思ってたようなところに行くことばっかりだったから、そういう流れなのかもしれない?やってみて初めて気づく面白さってたくさんあったし、やってみたらつまらなかったこともたくさんあったし。

それに、そもそも描くのが無理な範囲の、遠い目標を設定しようとすること自体が無理なんだよね。遠いところの目標を設定するなら、それは具体的なものではありえなくて、わりと抽象的なものになるのかなと。しばらくは、国家試験に受かるとか、ひと通りできる医者になるとか、もっと具体的なことを考えてればいいのかな〜。

 

かのじょちゃ〜ん❤️が来てくれる❤️😍とっても嬉しいな❤️いっしょにいれるの本当に楽しみ❤️